換気口や軒先は蜂の巣ができやすい場所だから確認が必要

ハチを退治するには蜂の巣を見つけよう

ハチを退治するにはまずいろいろな場所をチェックし、蜂の巣が存在している場所を突き止める必要があります。ハチはいろいろな場所を飛び回るため蜂の巣を発見することは容易ではありませんが、きちんと探索を行なえば蜂の巣は必ず発見することが可能です。主に蜂の巣が作られる場所は雨や風をしのげて、暖かい場所であることが多いです。

ハチを見かけたら近くに蜂の巣がある

自宅や庭の周辺などでスズメバチをよく見かけるようになった場合は、蜂の巣がすでに作られているかハチが巣作りしやすい場所を探索している可能性が高いです。そのためハチを見かけた場合は探索を行ない、蜂の巣を発見した場合は専門業者の方に駆除を実施してもらう必要があります。ハチはいろいろな場所を飛び回って場所を特定されないように対処しますが、きちんとハチの行動を確認していればハチが帰っていく場所を把握することができます。

目星をつけて探す

蜂の巣を早く探すなら、どのあたりに目星をつけて探すといいですか?
スズメバチが蜂の巣を作る際は安心して繁殖を行なうことができる場所を選んで形成するため、主に換気口や軒先などの場所を選ぶことが多いです。換気口などの場所からハチが侵入し、屋根裏や床下などの場所に蜂の巣を作られてしまうと、駆除にかかる手間や費用が増えてしまう可能性があります。そのため蜂の巣を駆除する際は住宅の屋根裏や床下もチェックし、巣作りされていないかどうかをしっかりと確かめなければいけません。また場合によっては普段使用していない物置や小屋などの場所で巣作りしていることもあるため、長い間利用していない小屋などをチェックする際は注意が必要です。倒木や切り株にも蜂の巣は作られるため、探索を行なう際は庭もよく調べてみましょう。
button top